最近よく耳にする【サブスクリプション】とは?

スポンサーリンク
ちょっとしたお勉強

最近よく耳するようになった言葉「サブスクリプション」とはについてご存知でしょうか。これからはサブスクリプションモデルの時代になると言われていたりするサブスクリプションとは、いったい何の事なのかをできるだけわかりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは何なのか、すでに何となく知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。再確認の意味を込めて見ていきましょう。知らなかった方はこの記事でマスターしましょう!

サブスクリプションの言葉の意味

サブスクリプションとは、英語で書くと「subscription」となります。この単語を直訳すると購読、約購読や年間購読、寄付、加入、申し込み、著名などの意味を持っています。要するに、定期的に何かを買ったり、継続して何かの会員や出資者となることを指すのがこのサブスクリプションです。

サブスクリプションとはこのことだ!

上記の言葉の意味から派生して現在では、定額課金の意味合いが強くなっています。定期更新の会員制のサービスに加入し、その期間の間利用権が与えられる方式が現在では一般的です。

この後にも事例を挙げていきますが、イメージしやすいのは、最近流行だとオンラインサロンであったり、スポーツジムなんかが良い例です。月謝を払う習い事なんかもサブスクリプションといえるでしょう。

 

サブスクリプションモデル

サブスクリプションの意味が分かったところで、これからもっと詳しくサブスクリプションを分析してみましょう。

サブスクリプション方式

ビジネスにおいて、サービスを提供する見返りにお金をもらいます。お金がないとビジネスが上手く回りません。サブスクリプション方式はビジネスにおいてのお金の貰い方の一種であるという認識で良いでしょう。

そして、お金の貰い方には、色々な種類があります。今回のサブスクリプションと密接関係しているものとしては、売り切り制と定額制の二つが挙げられるでしょう。

売り切り制とは、ここでは、一度売ってしまえば、そこて完結するシステムのことで、反対に定額制は、一定周期で継続してお金を貰うシステムのことです。サブスクリプションモデルとは、後者のことを指します。

サブスクリプションのメリット・デメリット

定額課金制にすることで、一定周期で、毎回決まった額が支払われ、サービスを提供する側が安定して収益を得やすいと言われています。

また、サブスクリプション(定額制)にすることで、利用者は、本来の価格より安くそのサービスを利用できたり、使いようによっては、定額よりも実質お得に利用することも可能なサービスも存在ます。

そしてサービスを提供する側は、一定額お金が定期的に入ってくる反面、会員になってもらったお客さんがすぐに退会してしまうと、赤字になってしまうリスクがあり、他方お客さん側には、定額課金により固定支出が上がり、生活コストに負荷がかかってしまうといったデメリットも存在します。

 

これからはサブスクリプションが増える

近年では、売り切り制ではなく、様々なサブスクリプション方式をとったサービスが急増しています。いったい世間では何が起こっているのでしょうか。

なぜサブスクリプションが増えるのか

サブスクリプションモデルのビジネススタイルは例年増加の一途をたどっています。今やほとんどの人がサブスクリプションモデルのサービスを利用しています。

サブスクリプションが増加する一番の理由は市場の変化にあります。消費者の価値観が所有から共有へと変化していることが増加している原因です。エコノミーシェアリングといわれる新たな産業携帯とも言われています。

所有から共有へと変化することで、新たな可能性が広がります。オフィスが良い例でしょう。近年ではコワーキングスペースやシェアオフィスなんかが話題を呼んでいます。共に働くことで、新たなコミュニティーが生まれ、そこから新たなビジネスチャンスが生まれてることがあります。

また、所有から共有へとシステムを変えることで、バージョンアップなどが頻繁に行われるソフトウェア会社や次々と新作を生み出すアパレル会社、自動車会社のビジネスモデルでは、顧客が新規性や機能性を求めいることが大半です。

その中で、サブスクリプションモデルは、所有ではなく共有、レンタル思考をとり入れることで、ローコストで、消費者は利用することができ、企業は安定して収益を得ることが可能になるお互いがwinwinな関係を気づけることからも増加傾向が強くなっているのでしょう。

 

サブスクリプション事例

もうすでに様々な企業がサブスクリプションに乗り出しています。どのような事例があるのでしょうか。

ビデオオンデマンド

ビデオオンデマンドはサブスクリプションモデルの典型例です。月額料金を定期的に課金することで、その期間動画が見放題となります。

国内アニメが豊富なU-NEXT

海外ドラマが強いhulu

スポーツのDAZN

こんな世の中には数多くのサブスクリプション型動画サービスが存在するのです。これからAppleやディズニーも本格的に参入してくると言われいます。見るものに困りません。

アイネル
アイネル

僕もヘビーユーザーです。

オンラインサロン

最近はやりのオンラインサロンですが、これもサブスクリプションの携帯を取っているものが多いでしょう。キンコン西野さんのエンタメ研究所は月額千円の会員数2万人越えの大規模サロンとなっていて、一人千円で、会員数がそれだけいると月だけでかなりのお金が稼げてしまいます。

一方で、オンラインサロンは、浸透度がまだそこまで深くなく、何をするかわからず、入っても数か月そこらで退会してしまう人も多いです。サロンの運営側は、会員のことをしっかりと考え飽きさせない運営をすることが継続のカギを握ります。

ゲーム

ゲームがサブスクリプション?と思った方も多いのではないでしょうか。ゲームにおいてはオンラインを利用するためのサブスクリプションが今までは一般的でした。PlayStation Plusなんかがそうですね。

しかし、これからは、ゲームはパッケージにお金を払う時代が終わります。定額でゲームがやり放題でなおかつ、スマートフォン、タブレット、PCといった端末に関係なく楽しめる時代がくると言われています。新たなサブスクリプション市場となることは、間違いありません。

終わりに

いかがだったでしょうか、サブスクリプション理解できたよ!って思っていただければ幸いです。

コメント