あなたの日常をドローンが豊かに?

スポンサーリンク
ライフスタイルを豊かに

最新技術 ドローン

 

ドローンの文字が日常的に使われはじめて、もう数年が経ちました。

しかしながら、私たちの生活にはまだ関わりの浅いものなので、

なかなか買ってみよう!使ってみようとはなりませんよね(笑)

ドローンの可能性はいかようなものなのか、私たちの日常生活にどのように関わってくるのでしょうか?

ドローンの概要をサラッと見てみましょう

 

ドローンのイメージは4つのプロペラを用いて飛行する無人機、ラジコンのようなものという認識が一般的なものであるともいます。

ドローンの用途としては、主に軍事用、民間用の二つに大別できるようです。

私たちの身近にあるものは、もちろん民間向けに作られたものでありますが、

実際、軍事用のドローンが量産され、兵器としれ用いることも当然考えられるので、少し怖いですよね。

ドローンのような最新技術は利用価値は計り知れないと思います。

スポンサーリンク

ドローンの使い道

では、私たちの身近なドローンはどのような用途で利用されているのでしょうか?

ニュースとかでは、これからの宅配はドローンを導入するなんて言う話もよく目にしますよね。

これが、いずれ本当になる可能性が非常に高そうです。

5年後にはあなたのもとにもドローンが宅配に来るかもしれませんね。笑

 

現段階では、スノーボーダーが自分のの滑りを撮影する際に使用したり、サイクリングを撮影したり、アウトドアな方々が持っているイメージが強いです。

サッカーの試合なんかではもう導入が進んでいて、試合中よくドローンが上を飛んで撮影しているのはご存知でしょうか?

身近なようにも思えますが、まだまだこれからです!ドローンはまだまだあなたの生活に身近なものになってくるでしょう!

浸透度は増す一方です!

中には五千円以下でも買える比較的安価なドローンも今では、流通しているみたいです。

入門として安価なミニドローンから導入してみるのもいいかもしれないですね。

 

日々の生活する環境を自分の手で操作して上からの眺めをみるのもいいと思います。

 

ドローン事件

先ほど書きましたが、ドローンには怖い一面もあります。

 

首相官邸のにセシウムの反応のあるドローンが発見された事件をはじめ、

目視外飛行を行いドローンが墜落し、人に接触した事故など、今では、多くの事件が起こっています。

 

ドローンを飛行させて楽しむためには、航空法などの規定をよく調べておかなくては、なりません。

無人飛行機から有人飛行へ 将来性

 

様々な利用可能性を持つドローンですが、私たちの生活の必需品となってくることもあるかもしれません。

先日、副総経理大臣兼財務大臣の麻生太郎さんも講演で、「未来の移動手段はドローンになる日が来る」とおっしゃっていました。

現に、海外の先進国では、ドローンの有人飛行実験が盛んに行われているそうです。

私たちのライフスタイルに新たなツールが追加され日が待ち遠しいですね。

 

未来の可能性はよい意味で期待を裏切り続けてほしいものですね。

新技術に触れるきっかけになって頂ければ、幸いです。

コメント